“The good old days”

無骨なまでに追求した ベーシックニットウェア

1937年米国アーカンソー州で、父の繊維会社を受け継いだRobert P. Millerは、当時では大変珍しいアンダーウェアブランドの会社を設立、生産をスタート。
また、Robert P. Miller独自の針抜き仕様の“Panel Rib”(パネルリブ)などの画期的な技術により、40年代にはRobert P. Millerは米国の多くの人に愛されるブランドに成長しました。

独自のPanel Ribが心地よさを生み出す。

miller=「Panel Rib」と言われるほど指名度があり、インナーで多いフライス編みよりも、肌触り・着心地が良く、伸縮性にも優れています。リブを編み込む独自の手法を用いることで、スッキリしたシャープなシルエットになっています。

着るたびに自分に馴染んでくる着心地の良さと、アウターとしても、シャツやボートネックのインナーとしてレイヤーアイテムとしても楽しめる使い勝手が良いことが、今もなおMillerが求め続けられる理由となっています。

80年以上の長年に亘り、Robert P. Millerが愛されてきた所以である高品質で着心地の良い品質を保ち、現代のスタイリングやライフスタイルシーンに溶け込んで愛されるブランドとして歩み続けます。

Robert P. Millerを手にした人にとって、

「自然と手にしている」
「いつも一緒にいる」
「なくてはならない存在になる」

生活や人生を歩んでいくパートナーのような大切な1枚でありたい。

Robert P. Millerは、これまでの米国から日本、中国と生産を広げ、商品の特性や技術に応じて、より味のある製品作りに邁進していきます。